Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPad周辺機器’

ぐりおです。
ついに7notesのiPhone版である7notes miniがリリースされました。わざわざこの為にワコムのBamboo Stylus買って待っていたので、早速レビューです。
IMG_8218
まずはメインの手書き入力画面。このモードだと書けばすぐに認識してくれます。流石に認識速度も早く、また精度も高いです。文字が間違って認識されたら、文字の下の矢印のアイコンをタップすると別の候補が表示されます。
IMG_8220
結構乱雑でも認識されるのですが、例えば画像のように「い」を離して書くと2文字として認識されます。この場合は右の「1」として認識されている部分のアイコンを長押しすると、
IMG_8222
このようになって、間隔を調整することができます。
IMG_8223
で、ちゃんと「い」として認識されました。これは素晴らしい機能ですね。もちろん、文章中の一文字を修正することもできますので、書き直すことも不要です。
IMG_8230
逆に、一文字として認識されてしまっても、
IMG_8231
認識しなおすことができます。予測変換や学習機能も備えていますので、慣れれば相当に早い速度で筆記できるのではないでしょうか。
IMG_8224
そして、ぐりおが一番使用する後から変換が可能なモード。認識速度が早いと言っても、速記に近い状況で書いていると間に合わないことが多いのです。これなら、とりあえず書いておいて後からフォント化できます。しかも、漢字が分からなくても上の画像のように「へん換」と書いても大丈夫!(もちろんこのくらいは書けますよ)
IMG_8225
とりあえず書いたら、画面をタップします。するとメニューが出てきますので、後から変換を選びます。
IMG_8226
すると認識が始まります。
IMG_8227
このように、見事に変換できました。いや、本当に素晴らしい。
IMG_8228
文字の色を変えることもできますが、
IMG_8229
ただ、フォント化すると黒に戻るようです。
書いた文章は、テキスト形式やPDFなどに変換することができます。ぐりおはテキストにして、会社のPCへメールして利用しています。
キーボードのほうが早いという方もいるでしょうが、キーボードが使えない状況も多々あります。議事録をとったりする場合には、フリックでも追いつきません。そんな状況でこの、7notes mimi が活躍してくれます。本当にこれを利用すればメモ帳要らずです。図形を書く必要がない状況では、ほぼ最高のアプリです。いや本当にこれは日本語入力の大革命と言っても過言ではないでしょう。
折角なので、スタイラスも良いものを選んだほうが良いでしょう。Bamboo Stylusはお勧めですよ。

広告

Read Full Post »

ぐりおです。

iPadを使いたいおしている今日この頃ですが、一つ不便か事が。それはキーボード。普通に使う分には良いのですが、ブログの更新などではどうしても物理キーボードが欲しいときもあります。

で、当然考えたのがBluetoothのもの。Amazonでは約6000円くらいまで値下がりしています。しかし、レビューをみると結構散々。やっぱり、Windowsを前提としたものでは使い勝手が悪いようです。iOS機での使用を前提としたものもありますが、どうしても一万円越えになります。

そこで見つけたのが、上海問屋で見つけたiPhone、iPad用の有線キーボード。こちらは約3000円。それでいて、iOS用のホットキーを備えています。ちなみに英語配列です。

20110605-150207.jpg

デザイン的にはAppleぽい感じです。ですから、iPadと合わせても違和感がありません。

20110605-150315.jpg

サイズは一般的な小型のキーボードと同じですから、持ち運びには特に不便を感じる事はないでしょう。キーピッチも19mmを確保してあるので、タッチタイプも不便なく行えます。ただ、やや打鍵感が重いというか、しっかり押す必要があるように感じました。しかし、これは慣れで対応できるレベルです。

使っていてやはり便利なのはホットキー。Windowsのキーボードでは殆ど使わなかったホットキーですが、検索キーや、ホームボタンなどは非常に活躍してくれます。ホームボタンは当然のこと2回押すとタスクマネージャーが起動するのでアプリの切り替えに力を発揮します。キーボードの表示・非表示を切り替える事もできるので、顔文字や一部の記号のようにキーボードでは入力しにくいものも問題ありません。

Bluetoothのキーボードでは(一部の物を除いて)キーボードの表示・非表示を切り替えられる物はないので重宝する機能だと思います。

総評として、有線ならではのデメリットはやはりケーブル。しかし、電源が不要だったり、iPhone、iPadなど複数台で使用する際のペアリングの切り替えがいらない事、ホットキーなど専用設計ならではの利点も多くあります。お値段も安いので、キーボードが欲しい方は、ぜひ検討されて見てはどうでしょうか。

Read Full Post »

ぐりおです。

依然からiPhoneやiPadで使用するスタイラスには興味があったのですが、なかなか購入する機会がありませんでした。

そんなおり、ワコムからスタイラスが発売されました。それがこちら「BAMBOO STYLUS for iPad」です。

20110604-214654.jpg

今まで購入に踏み込めなかったのは、静電容量パネルでのスタイラスの反応に疑問を持っていた点、そしてiPhoneによるUI革命でスタイラスの必要性が減ったからです。

しかし、iPadのキラーアプリである7notesのiPhone版のリリースが決定したことで考えが変わりました。7notesがiPhoneで使えれば会議中のメモを手書きでとってからテキストへ変換することで、簡単に議事録ができるわけです。これはまさに筆記の革命とも言えるほどのもの。となれば、筆記具であるスタイラスにも凝るのが当然のことです。

20110604-214741.jpg

で、そんなタイミングで発売されたのがワコムのスタイラス。ワコムが敢てこの製品を発売するからには相当なデキであるはず、というブランド志向で買って見ました。ちなみに他の静電容量スタイラスは使ったことがないので悪しからず。

早速持ってみると、適度な重さがありiPadに対してちょうど良い筆圧がかかります。指で操作する感じで軽く触れると反応せず、気持ち力を入れる感じで書くとちょうど良いようです。ペン先のゴムの部分は中空になっていて適度に凹むため、いかにも書いているという感覚になります。ぐりおはiPadにグレアフィルムを貼っていますが、反応が鈍く感じることはありませんでした。

で、一応iPad用ですが、iPhoneでも使えます。iPhoneにはアンチグレアフィルムを貼っていますので、やや滑りがよく感じました。そのせいかもしれませんが、iPadに比べるとやや力がいる感じでした。しかし、これも心地よい感じで、感圧式のタッチパネルでスタイラスを使用していたときとは別次元の感覚でした。

これで後は、7noesのiPhone版を待つのみです。本当に期待していますよ!!

Read Full Post »