Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘電子ブック’

ぐりおです。

魔法の様なデバイスの発売以来、電子ブックに関する一般的な認知度も上がっているようです。ぐりおは昔からデジタルで本を読むという事に非常に大きな可能性を感じていました。というのも、紙の本はかさばるんです!デジタルなら場所も取りませんし、電車の中で片手で読めたりと非常に便利です。

確かに本当に好きは本はきちんと紙媒体で取っておきたいのですが、雑誌やちょっとした書籍は電子ブックで十分だと思うのです。正直、iPadは電車で読むには大きいのですが、iPhoneもiOS4からiBooksに対応しており、携帯する電子ブックとしては良いサイズだと思います。

しかし、本の電子化に当たってはオープンなフォーマットが必須と思うのです。確かに、著作権対策は重要だと思いますが、クローズドなフォーマットを採用して、端末の販売が終わると読めなくなるのでは困ります。紙のようにいつまででも読めるという安心感が無ければなかなか購入には踏み込めないのです。

いろいろと出版社や著作権団体の思惑もあるでしょうが、あくまでも読む側の利便性を考えたサービスを展開してほしいと思います。

最近、本を裁断してPDF化するサービスが始まりましたが、早くも批判する団体が現れました。欲しい本がすべて電子ブックで出るとは限らない訳で、こういうサービスもありかなと思っていただけに、まだまだ本の電子化に対する業界の壁は大きいと思わざるを得ません。ある程度の利権ができている状態では、せっかく技術革新が起きてもそれを生かしていくのは難しいようです。

くどいようですが、本当に大事にすべきはあくまでユーザーだと思いますよ。

広告

Read Full Post »

ぐりおです。

auからbiblioが発売されたこともあり、電子ブックが普及すると良いな、と思う反面、絶対無理だなと絶望も感じました。

biblioについてはこんな記事も書きましたが、このあたりが電子ブックの普及を阻害している気がします。

何故、絶望感を感じているかというと電子ブックというものが各サービスでフォーマットが異なるからです。パソコン向けでは様々なサービスが展開していますが、そもそもパソコンで読むなら本で読むのも手間は同じなので、電子ブックの利点は低いと思われます。

電子ブックを小型端末で読むということのメリットは、

①手軽。②多くの書籍を持ち運べる。この2点に尽きます。

しかし、欠点は例えばEZブックのように端末(キャリア)で利用できるサービスが決まっており(これがガラパゴスの本質です)、他社のサービスが利用できない。購入してもキャリアや端末が変われば利用できなくなることがある。といった問題があり、また例えばEZブックという狭い囲い込みのサービスである以上、ユーザーの数が少なく多くの書籍を取り扱うことができないからです。

電子ブックの理想形としては、①統一されたフォーマット(読む端末に依存しない)。②管理が楽。例えばパソコンで購入管理して、端末に簡単に移動できるような感じ。また、パソコンを買い替えても購入した書籍の移動が楽に行える(DRMの問題はあるでしょうけど)。③もし②がだめなら、ユーザーを管理して、同じ本なら何度でもダウンロードできる仕組みが必要です。

この点が重要かと思います。例えば米Amazonは電子書籍を専用の電子ブックに販売していますが、同時にiPhoneで読めるアプリも提供しています。日本ではサービスがないのでどの程度の品ぞろえなのかはわかりませんが、Amazonくらいの流通料があればかなり書籍の充実度は期待できるのではないでしょうか。

実際、iPhoneには電子ブックのアプリが充実しており、日本でサービスが対応していないので青空文庫くらいしか利用できませんが、パソコンとの連携が素晴らしいです。

ユーザーの利点からすれば、オープンはフォーマットや、DRMフリーが実現できれば非常に利便性が高く、購入意欲が増すのですが、実際は違法コピーの問題もあり、実現は難しいでしょう。

結局本の良さは、紙という共通の媒体であること、しまって置いたり、取り出したりと保存性が高いことです。そして、販売側にとって紙が良いのは、何といっても複製が困難なことです。この1点が本を紙という媒体から発展させられない最大の原因だと思っています。

とにかく、書籍の数を充実させるには共通のフォーマットは欠かせない要素だと感じています。これなら、例えば読書ビューアーアプリをインストールすれば全ての端末で利用できるようになり、市場が拡大して書籍の充実につながるのではないでしょうか。

ですから、携帯のキャリア主導などという愚行はやめてもっとオープンに事業を展開してほしいです。大事なのは電子ブックとしての完成度よりも、読みたい本があるかどうかなのです。

Read Full Post »