Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年11月13日

ぐりおです。

スティーブ・ジョブズ上下巻を読み終えました。まるで、現実とは思えないようなドラマチックな展開で一気に読み終えたような気がします。

これまでも、ジョブズ氏に関しては数多くの著作がありますが、この本はジョブズ氏本人がアイザックソン氏に公式に依頼しているため、直接インタビューに応じているほか、数多くの関係者にもインタビューを行って執筆されており、いわば公式の自伝ともいえる本です。それでいて、ジョブズ氏本人も礼賛本は嫌っていたと後書きにもあるように、ありのままを記してあるそうです。

それだけに他には無いジョブズ氏の真実に切り込んだ本といえるのではないでしょうか。

また、断片にしか触れられていなかったエピソードが時系列に沿って著されているため、時代の流れ、ジョブズ氏の成功や失敗、そして飛躍などを知る上での最も重要な本といえるものになっています。

読めば読むほど、不思議なジョブズ氏の人なり、いつまでも守りに入らない姿勢、そして恐ろしいまでの拘り。文字通り、凝るではなく、拘り。それらが一気に流れ込んで来て目が離せない展開となっています。

訳についても、変な翻訳日本語になっておらず素晴らしいできだとおもいます。ただちょっと気になる点もありましたけどね。

しかし、ジョブズ氏が故人となられた以上、これ以上の本は絶対に出ないと思います。

アップルファンで無い方も、テクノロジーギークで無い方も必読の書と言って過言ではないと思います。

広告

Read Full Post »